スロット 鉄板

スロット 鉄板

マリトに顔でも見せにいくつもりだ」 エクドイクと『蒼』は森にある『紫』の別荘の方へ向かった

メリーアも行きたそうにしていたが、一応『俺』の監視役だからな

同じ監視役のマセッタさんと定期連絡でマーヤさんの教会へと向かった

ラクラ、お前の仕事なんだぞ本当は

「私は旅疲れがありますので、一眠りしたいと思います!」「馬車でもぐーすか寝てただろうに……

あなたも好きかも:スロット パチンコ まとめ
ハークドック、ラクラと荷物を届けてもらっていいか?」「おう

あなたも好きかも:7 フォーチュン・フレンジー
ついでに夕食の準備もしとくか?」「いや、『犬の骨』の味が恋しいからな

今日は外食にする」 メリーアの料理とかでも十分満足ではあるのだが、やはりゴッズの飯がこの世界で一番舌に合う

そうなるように色々と頑張ったんだしな

「おう、じゃあ掃除だけ済ませておくぜ!」「いや、別に……まあいいか

頼む」 あの二人毎日凄い特訓してるって聞いているし、ちゃんと家事ができているか気になるところではあるしな

 ミクスとケイールを連れた三人でターイズ城へと向かい、マリトの執務室へと通されるとこれでもかと破顔の笑みを浮かべたマリトが出迎えてくれた

「おかえり友よ!長旅は疲れただろう?」「多少はな

あなたも好きかも:最近 の スロット 台
これでもかと出迎えてもらえたおかげで、いくらか吹き飛んだけどな」 悪戯心で『どちら様?』とか記憶が戻っていないフリでもしようと思ったが、この笑顔を壊すのがちょっと悪い気がしてしまった

全て計算かもしれないところがマリトの怖いところだ

「おっと、ケイールもご苦労だったな

貴公はレアノー卿に報告を済ませてくるといい」「は、はい!それでは失礼します!」 イリアス以上にガッチガチの様子でケイールは挨拶を済ませて執務室を後にした