アルゼ スロット 4 号機

アルゼ スロット 4 号機

 珍しい光景だ

 ただ、これもまた全ての仕組みを理解した後は、どうしても冷めてしまう

 観察しすぎて新鮮味が失われた船の中、私は途方にくれる

あなたも好きかも:サラリーマン金太郎 スロット 設定判別
 ぼうっと血の海を見続けて、もう何分経っただろうか

 ずっと静かで、何もない

 なのに眠気がやって来ないというのは、少しだけ辛いものがあったのだが……、その私の苦しみを晴らすように、声が落ちてくる

「――君は休まないのかい?」 左腕を掲げて、『黒い糸』を垂らしながら、上から降りてくるグレンだった

 蜘蛛のような人だ

あなたも好きかも:ゴットイーター スロット 神チェリー
正直、蜂(ビー)系じゃなくて蜘蛛(スパイダー)系のモンスターの混じりと言われたほうが納得できる姿である

 その面白いグレンの姿に、どこか癒されながら、私は答える

『あなたこそ、休まなくてもいいのですか? 少し顔色が悪そうです』「うん、確かに僕も疲れてる

けど、カナミ君たちをファフナーのところに連れて行くのが僕の仕事だからね

それが終わるまでは頑張るよ」『たぶん、私も同じなんだと思います

「第七魔障研究院」の職員として、お客様をファフナーのところまで案内する

それが使命だと、勝手に解釈しています』「そう……

君は仕事熱心なんだね