ストライク ウィッチーズ スロット 天国

ストライク ウィッチーズ スロット 天国

鴨が引っかかりやすい上に、流通拠点にもなるからな

外にでたがらないから余計に――っと、まあいいか

んじゃ行ってくる」「おう

あなたも好きかも:リング スロット ステージ
二人を頼んだ」「諒解」 じゃあ行こうと、緊張に身を包む二人を誘い、まずは港にある宿場へ

「注文は二つだ

口を出さないこと、それと……誰にも触れられないこと

あなたも好きかも:近く パチンコ 屋
この二つを守る限り、どうとでもなるし、どうにでもする

とりあえず一日はそれで我慢ってことで」「わかりました」「うん、従う」 ここからは未知の領域だ、その緊張も納得できる

そのくらいの方が好都合かと思ってしまうチィマは、少し自己嫌悪したが、そのまま港を出た

 やはり、二百メートルほど先に街があった

かつての記憶にはないが、どうせ中身は同じだろう

 外套を羽織って、真正面から堂堂と中に入る

 まるでゴーストタウンのような静けさがあった

異物に対して逃げを打つような、好奇心もなければ人気もない

生きているのは自分たちだけだと錯覚しそうになる

おそらく街全体を把握しようとしても、似たような感想を抱くだけだ

 変わらない――

 この時点で視線を感じられていないのならば、もう打つ手はない

察することができていても、それを表に出すようでは話にならない