コードギアス スロット キリン柄

コードギアス スロット キリン柄

五.アーサー王が軍勢を連れてフランスへ渡ったこと

六.アーサー王不在であることを機にモルドレッド卿がブリテン王を宣言し、ランスロット卿から帰国させられた王妃グィネヴィアと結婚しようとしたこと

―――――――― とこれだけあります

 これによってアーサー王はブリテン島に帰り着いてカムランの地においてモルドレッド卿と対決することになるのです

あなたも好きかも:聖闘士星矢4 パチンコ 保留
「佳境(クライマックス)」に向かう「伏線」は、このように「アーサー王とモルドレッド卿が対決する」ために必要な条件を整えることでもあります

 エピソードが進むごとに「伏線」を張って「佳境(クライマックス)」への期待を煽るのです

あなたも好きかも:スロットシアター 四海樓 みんれぽ
『アーサー王伝説』でもそうですが、一見「伏線」に見えない情報が「伏線」になっていますよね

 たとえば「アーサー王が異父姉モルゴースとの間にモルドレッド卿をもうけた」ことは、それだけでは「カムランの戦い」には向かいません

「ランスロット卿が王妃グィネヴィアと不義密通していた」ことも、それだけでは「カムランの戦い」には向かわないのです

 直接関係があるのは「モルドレッド卿にブリテン島の統治を任せた」ことと「アーサー王がフランスへ渡った」こと、そして「モルドレッド卿がブリテン王を宣言し、王妃グィネヴィアと結婚しようとした」ことだけでしょう

あなたも好きかも:オンラインゲーム ラグ 確認
 この三つは「アーサー王とモルドレッド卿の直接対決」を演出するには必要な「伏線」となっています

「佳境(クライマックス)」へ向かう「伏線」は、物語を盛大に盛り上げるのに一役買うのです

この「伏線」がない小説は、盛り上がりに欠けると言わざるをえません