ブラックジャック 春一番

ブラックジャック 春一番

敵軍が粗方突入してきたところへ、南門周囲に潜ませていた各部隊が一斉に攻撃を叩き込む

あなたも好きかも:パチンコ 遊び方
それだけで敵軍は半壊するだろう

殲滅する必要はない

撃退することこそ肝要であり、それには敵部隊の三分の一でも打ち取れれば十分だ

「敵は?」「敵軍はナグラシア南方へと回り込み始めた模様

じきに南門付近まで接近してくると思われます」 ミルヴィのよく通る声が、作戦室に響き渡る

室内には、副長のミルヴィ以外にはアレグリアの供回りの兵士と、各部隊との連絡役である伝令兵が待機しており、彼らは自分たちの出番を待ちながら、ナグラシアの地図を見ている

「やはり、南門だったわね」「北門の予備兵力も回しますか?」「その必要はないわ

敵も、スマアダの全戦力を投入してきたわけではないでしょう?」「物見によれば、五百人ほどの軍勢だということです」「たった五百人でナグラシアを奪還できると思ったのかしら」 アレグリアは、スマアダの敵軍団長の考えがよくわからなかった

スマアダを防衛するには戦力が必要であり、それを割くという事自体、悪手のように思える

あなたも好きかも:バカラ 日本 限定
しかも、たった五百人ではナグラシアに陣取るアレグリアたちを追い払うことなどできるはずもない

あなたも好きかも:スカル双剣 スロット
せめて、同数の千人を投入するべきだったが、それはザルワーンの事情が許さないに違いない

各都市に駐屯する龍鱗軍は基本的に千人規模の軍隊だといい、その点ではガンディア軍の各軍団と同程度なのだ