無料 オンラインゲーム おすすめ

無料 オンラインゲーム おすすめ

収束の魔術によって中口径の鉄球を追従するように操られた小口径の鉄球は、中口径の鉄球があけた穴をすり抜けるようにドーム状の防壁内部に侵入していた

あなたも好きかも:下松 パチンコ メトロ
ほとんどは水の膜や障壁の一部に阻まれたが、数発は威力をそのままに、二人にめがけて襲い掛かっていた

自分たちへの攻撃がまだ生きているとわかったところで反応できるはずもなく、それぞれ腕と肩部分に被弾するも、ほとんどといっていいほどに戦闘行動に支障はない場所だ

あなたも好きかも:スロット バイオハザード6 狙い目
足に当たってくれれば康太としてはありがたかったのだがそううまくはいかないということだろう

文の扱う現象系の攻撃魔術、そして康太が使う物理系の攻撃魔術

二人がそれぞれ分担して違うタイプの攻撃をしてくることが二人にとっては脅威に感じられたのだろう

あなたも好きかも:パチスロ 十字架2
先ほどまでの防御を解き、それぞれ攻撃魔術を放ってくる

片方は地面にある砂を操って文を捕まえようと襲い掛からせ、片方は康太と文両方を一度に攻撃しようと炎の塊を放ってきた

砂はまるで生き物のように一定の形を作り出し動き出し、炎は無数の球体となって康太と文のもとへと降り注ぐ

どちらがどちらの攻撃を使っているのかはわからないが、少なくとも現時点で相手もそれなりにこちらへの警戒度を上げたのは事実だ

先ほどの康太と文の攻撃、確かに防御していたのにもかかわらず突き抜けてきた

これは相手に強い威圧感を与えたのだ

だが康太と文からすれば、あの攻撃に対してあの防御の仕方では不備があったとしか言いようがないのである

基本的に現象系と物質系では防ぎ方が全く異なるのだから

電撃などであれば最悪魔術を使わずとも物理的な干渉をしてしまえば防ぐことは容易だ

場合によっては相性などもあるためにその現象そのものを把握してから防御の方法を最適化していく必要があるだろう

そうすれば効率よく防御することができ、消耗もかなり減らすことができる

だが物理系の攻撃となると防ぎ方はかなり狭まってくるのだ

同じように物理的に干渉する以外に止める手立てはほとんどないのだ