秋田市 スロット

秋田市 スロット

「「……!!」」 二人は互いの顔を一瞥したあと直ぐに離れ、直ぐに近付き──「そ──!」「ダ──!」 ──ライは脚を繰り出し、モバーレズは刀を繰り出す

「「────ラァ!!!」」 そしてそれらの激突によって生じた爆風が辺りを大きく振動させた

「ダラッ!」「っと……!」 続いてモバーレズは左手の刀をライに振るい、ライはそれを避ける

それによってライの頬から多少出血した

「ソラッ!」「……!」 その後右手の刀もライに向け、ライの顔を掠ってライの髪を数本切り落とす

ライは咄嗟に反応した為、仰け反る形となった

「ゴラァ!!」「……!」 最後に二本の刀を交差し、それを開くように仰け反ったライへ向けて斬り付ける

あなたも好きかも:カジノ 課題
 ライは跳躍してそれを避け、「オラァ!」 空中で身体を捻り、その体勢の状態で拳を放った

あなたも好きかも:Stellar Spins
「ハッ、当たらなければ問題無ェ!!」 そしてその拳を避けるモバーレズ

ライは勢い余って地面に拳がぶつかり、辺りにクレーターを造り上げる

「そして隙だらけだ……!」 そんなライに向けて二本の刀を刺し込む体勢に入るモバーレズ

ライは拳を打った体勢なので直ぐには動けない姿勢だった

「そう簡単に隙は見せねえよ……!」「……何っ?」 次の瞬間、ライは大地を抉ってモバーレズの方に小さな壁を物理的に造る

 その壁に一瞬だけ気を取られたモバーレズは一時停止し、ちょっとした隙が生まれた

「オラァ!!」「……ッ!」 そしてライは、地面から造った壁ごとモバーレズを蹴り飛ばした

 蹴り飛ばされたモバーレズは城を貫通し、反対側へと吹き飛ぶ

「やるじゃねェか……まさか拳を地面に突っ込んだまま引き抜いて壁を造るとは……」 吹き飛んだモバーレズは瓦礫に埋もれていた

 そして既に来ていたライの方へ視線をやり、称賛のような声を掛ける

「ああ、だけど……まだ大きなダメージを受けた訳じゃないな」 そんなモバーレズに返しつつ、モバーレズの状態を見るライ