Legends of Ra

Legends of Ra

昼前ごろには、逃げ散ったシャドウたちが恐る恐る戻ってきた

マロンの頭の上に乗ったドルナジャが彼らを集めて昨夜起きたことを大まかに説明すると門番をしていた老婆をコピーしたシャドウが進み出て「……事情は分かりました

あなたも好きかも:スロット 取材 強い
村長とミイのシャドウは 確かに、現状への不満が強かったですから そうだったのでしょう」納得した顔で頷いて、村民たちを向きなおり「みんな!仇討ちは無しだ!いいね!?」と言い聞かせると、シャドウたちは様々な表情で頷く

恐らく、抗戦派も何割かは居そうだが何とか収まったみたいだなと俺をマロンの背後から眺めていて思う

あなたも好きかも:夜勤病棟 スロット
「悪いけど、もう一昼夜、どこかの建物を貸してくれると ありがたいんだけど……」ドルナジャが頼むと、老婆は苦笑いしながら「また、あの竜に食べられてはたまらないので もう貸せませんが、ここから北東に行ったところにある 砂漠の中の岩山に、我らが使っている瞑想場があります

 そこをお貸ししましょう」と言ってきた

「……そうね

あなたも好きかも:15日 スロット
確かにちょっとずうずうしかったわ

 あなたたちも生活があるものね」「ええ、そうですね

早めに出て行ってくれると助かります」老婆は穏やかに言ってくる

頭上の銀龍はいつの間にか、どこかへと飛んで行った

俺たちは三十分ほどで荷物を纏めてサンミーを起こして、出発することにする

サンミーは何と、ドドンガの言うことなら何でも聞くようで「サンミーさん、ちょっと背中を借りるだす」とドドンガが目の前で言うと「くるるるるるるる……」音量こそは大きいが、子竜の時と同じ鳴き声を嬉しそうにしてきた

「良いそうだす

みんな乗り込むだす」少し誇らしげなドドンガの手を取った俺は荷物を背負い、一気に跳躍してサンミーの灰色の尖った大きな鱗が並んだ背中へと乗り込む

マロンもドルナジャを胸元に入れてまだ削られていない白い骨の塊の入った布袋を大事に抱えて乗り込んできた

皆、座って荷物も近くの鱗に縄で括りつけると「サンミーさん!行くだす!あっちだす!」とドドンガが東北の方を向いて、声を張り上げるとサンミーは大きな翼を目一杯広げてゆっくりと上昇していく