アニマルg スロット

アニマルg スロット

常連さんな上に親友の恩人、更には同じ志を持つ仲間となれば、この店はいつでも君を受け入れるでござる

雨でも雪でも台風でも

あなたも好きかも:パチンコ リング
休みの日でも……あ、拙者がいないときはごめんなさいでござるが」 花渕さんは今まで見たことも無い様なあどけない笑顔で、同じハンドサインを胸の前で出した

え? なにそれ……なにそれ…………っ? ああ、分かっている、分かっているとも……っ! 周りは置いてけぼりな方がいいんだ……その特別感がたまらなく好きなんだから……僕達オタクってやつは…………っ! でも、そうか……やられて初めて分かった

これ……「…………そ……疎外感すげえぇぇ…………」 なにやら上機嫌になった花渕さんは、そのまま走って帰ってしまった

あなたも好きかも:ワイングラス バカラ
取り残された僕は、またデンデン氏に問う

一体なんだったのか、と

帰って来る筈の無い答えを求めて、彼に問うのだった

やはり仮説は正しかった様だ

あなたも好きかも:パルミア カジノ
背中に暖かい、小さい生き物の息遣いが感じられることの、なんと落ち着くことだろうか

「……でも、このサプライズは本当に要らない

心の底から」 今朝も今朝とて僕の首元をしゃぶり続けるミラを叩き起こす

もう慣れたとはいえ、やはりこう……シンプルに気持ちいいものでは無いのだ

べっちゃべちゃなんだもの……もうちょっと可愛げのある、指とかを咥えてるくらいなら良いのに

「んんーーーっ

んん…………むにゃ……」「ほら、起きろ

噛むぞ」 ぶにぶにと頰を両手で挟んで、未だ夢の世界を行ったり来たりなミラの間抜けな顔を物理的に歪める

はあ……かっこいいのになぁ、戦ってる時は