スロット ひぐらし の なく 頃 に 煌

スロット ひぐらし の なく 頃 に 煌

 虚ろな目をしたパルパランと目が合う

「あれが凶竜ギジゲドでござるな」 緊張した面持ちでハロルドは呟いたかと思うと、剣を構え黒竜の方へと駆けだしていく

「ハロルド!」「やつが! もし拙者の剣が届く範囲まで降りてきたんであれば、なんとしても一撃! 喉に一撃を食らわせるでござるよ!」 オレの呼びかけに、こちらを振り向くことなくハロルドが叫ぶように答える

あなたも好きかも:料理漫画 ブラックジャック
「ギジゲドは! 今やただの腐りきった躯ではございません

あなたも好きかも:スーツ スロット
わたくしが天上の技により手を加え、仕上げましたのです

痛みもなく、快楽もなく、ただひたすらに結果だけを求め、存在するギジゲド

さぁ、おわガァ……!」 黒竜の口が赤く輝き、再び響き渡りはじめたパルパランの言葉が急に途切れる

あなたも好きかも:聖闘士星矢 スロット やめどき
 プリズムの光が1つにまとまり、黒竜にぶち当たった直後のことだ

『ガガガガガガ』 岩石が削られるような音があたりに響き渡った

 そして、海亀から放たれた虹色の光と黒竜がぶつかりあう

 音の響きはいっそう大きくなった

けたたましく響き渡る轟音に、思わず耳を押さえそうになる

 魔壁フエンバレアテのコントロールを失うわけにはいかない