スロット 八王子

スロット 八王子

こんな衆人環視の中陛下より贈られる剣を他者に譲渡するなんて…不敬もいいとこ

欲しかったなあ…!! ……欲しかった!!!なああ!!! ※ ルキウスにつられて、皇帝とジェルマンもセレスタンのほうに目を向けた

あなたも好きかも:no man's sky スロット
 その視線の先には…地面に膝と手をつき絶望するセレスタンの姿があった

あなたも好きかも:ジョイ カジノ 入金ボーナス
彼女にとって刀は、文字通り垂涎の一品なのである

 その悔しがりようは、先程ジスランにあと一歩及ばず負けた時の比ではなかった

 もしも周囲に誰も居なければ…彼女はオモチャをねだる子供の如く、仰向けに転がり手足をバタつかせて大声で泣き叫んでいたに違いない

「ふぐうううぅぅ…!!アレが貰えると分かっていれば、僕は…! 目潰しでも色仕掛けでもなんでもありとあらゆる手段を使ってジスランに勝ったのにいい…!!」「セレス、普通に反則だ

そもそも俺にそんな手は…何、色仕掛け…だと…?」「(色仕掛けは有効そうだな…)」 ジェルマンは弟であるジスランを見ながらそう思った

当然普段なら効かないだろうが、相手がセレスタンなら話は別

 なにせジスランの初恋相手がセレスタンであることは…ブラジリエ家で知らぬ者はいないのである

 その昔ジスランがセレスタンが男である事に一晩中泣いていた時…『うあああああああん!!!』『どうした、なにがあった?』『あ"に"う"え"えええああああ!!!!おれ、おれ…せれすたんとけっこんしたかったああああ"あ"ーーーーー!!!』『???父上、なにがあったんですか?』『それがな…』 伯爵から事情を聞いた屋敷の人々は…笑いを堪えるのが大変だった

あなたも好きかも:スロット 伊丹
笑ってしまえば益々ジスランが泣いてしまうからである

 その日少年に初恋と失恋が同時に襲ってきたこと…本人達の知らぬ所で今も語り継がれている

 その後セレスタンが初めてブラジリエ邸に遊びに行った時は…使用人も家族も総出で隠れて見に行ったものだ

 そして可愛らしいセレスタンの姿に、誰もが「こりゃしょうがないわ〜」と納得したのだった

 そして成長してもまるで男らしくならないセレスタンに…ジスランが未練タラタラなのも周知の事実なのである