スロット せんこれ

スロット せんこれ

あの人以外に適任はいないし

それから鎧と普段着用に採寸が必要だってメイド連中が言ってたな

お前達の着ている服は市販されている、既に仕立て済みの既製品だからな

体にピッタリって訳じゃないだろ?」 確かに、服は体にピッタリって感じじゃない

あなたも好きかも:スロット ヨシツネ
少しダブダブになっているのは致し方なしって思っていたけど、体に合ったものを作ってもらえるのならそれに越したことはないだろう

 ……メイドさんに採寸されたりしないよね?◆ 二つ選択肢があったが、まずはメイド達の方を終わらせることにした

 慣れた手つきで身ぐるみを剥がされて、身体の隅々まで調べられる

 メイド達は反応一つせず淡々と仕事を進めていく……一瞬メイドロボかと思ったよ

あなたも好きかも:スロット バルタン 星人
 メイド達が仕事を終えて一人を残して去った後、着替えた僕達は残ったメイドに案内してもらい、階段を一つ上って五階に移動する

 複雑な廊下を歩き、辿り着いた場所には強固な鋼鉄の扉があった

 扉の中央部には【聖法騎士修道会 ハインリヒ=インスティトーリス入室中】と書かれたプレートがはめ込まれている

あなたも好きかも:m.2 スロット 2つ
「……ご武運を」 メイドは洒落になっていない言葉を残して去っていった

 ……「ご武運を」って、この中に何が待っているっていうんだよ