無線lan オンラインゲーム

無線lan オンラインゲーム

 自分の後を着いてくるのかどうかを確認しながら、ピーチはそのまま屋敷へと戻った

  屋敷に戻ったピーチは、少しだけ呆れた顔になってコレットがいるはずのリビングに入った

 そんな顔をしているピーチを見るのは珍しいので、コレットもすぐに気が付いて声をかけて来た

「そんな顔をしてどうしたの・・・・・・って、まさか!?」 コレットもピーチから時間がかかるだろうと言われていたので、そんなことがあるのかという顔になっていた

そのまさかですね~

あなたも好きかも:スロット エミュレーター
わざとかもしれませんが、ちょっと予想外でした」「まあ、相手もピーチの実力をわかっていなかったから、油断していたとかかも知れないからね」「そうかもしれませんが~・・・・・・」 コレットの答えに納得しつつ、ピーチは不満げな顔を隠そうともしなかった

 こんなに簡単に見つかったのは、何か相手も思惑があってのことではないかと考えたのだ

 とはいえ、今は情報が少なすぎるのでその答えを得ることは出来ない

あなたも好きかも:カジノ ホテル
 とりあえず、悪いほうで予想が当たったので、ピーチはさらなる行動を起こすために、転移門で里へと向かうのであった

困ったことが分かりました

ピーチが大活躍するときは、台詞が出てきません!(今更)地の文が続くので、読みにくいですよね><隠密行動をしているので、どうしようもないのですがw

里に姿を見せたピーチに、闇の者たちを率いているジゼルは目を丸くして出迎えた

「どうしたんだ? こっちに来るのは珍しいのではないか」「そんなことはないですよ~」 第五層の屋敷に移ってからは里に顔を出す機会は減っているが、まったく来ていないわけではない

 長であるジゼルに報告するようなことが起きていないので、顔を見せる必要がないのだ

 逆にいえば、ピーチが顔を見せたということは、それだけのことが起こったということになる

 ジゼルもそのことが分かっているので、軽口のような言葉を言っているが、顔はまったく笑っていない

 ピーチもそのことには気付いているので、一言だけ軽く返したあとに、すぐに本題に入った

「――――というわけで、なにやら探りが入っているようです~」「なるほど