スロット 花札

スロット 花札

おまえらがちゃんと活動しているのか訊いても、たぶんちゃんとしている、とか、おまえらのことだから大丈夫、とか、顧問として頼りのない返事ばかり

部室にまったく顔を出していないっていうのもよくわかった

おまえらの活躍はよく耳にするが、そこに椎名先生はいたか? いなかっただろう? ……これは学園の事情だが、部活動の顧問教師となれば顧問料も払われる

それに見合う仕事をしなければ、追い払われるのは当然だろう?」 ――いやまったくごもっとも

と、みんな内心強く頷いた

谷沢の言っていることは至極当然だ

言われて反論する口もない

あなたも好きかも:スロット 南国 育ち 4 号機
 だが、それで「わかりました、すみません」で終わる彼らではない

「おっしゃるとおり、椎名先生はドジで役立たずで何も出来なくていてもいなくてもどっちでもいい駄目教師です」 いやいや言い過ぎ

あなたも好きかも:ゲッターマウス スロット
と、みんなの目が突っ込みを入れるが、反町は顔をしかめる谷沢を真っ直ぐ見据えて続ける

あなたも好きかも:スロット 梱包
「けど、だから必要ないっていう考えは間違っています

……椎名先生は駄目な先生でした

けれど、顧問として失敗は犯していませんし、ボクらも椎名先生に迷惑を掛けることはしていません

谷沢先生が経営側から判断して椎名先生を切ったのであれば、それは学園側にとっても致命的なミスです」「……、どういうことだ?」 怪訝に眉を寄せる谷沢に、反町は腕を左右に広げた

「どの先生が、ボクらのこと、面倒見れます?」 まるで、“問題児集団”を名乗るような、無邪気な表情で首を傾げて問う、その仕草に谷沢はキョトンとして瞬きを繰り返した