バカラ ウェッジウッド

バカラ ウェッジウッド

 だが、一切の恵みが失われたわけではない

 神は人間たちに、太陽の代わりとして天火《アトル》を授けた

 人々は寄り集まり、神の炎を戴く大燈台《ジグラート》を築いた

闇に覆われた世界のなかで燈台の周りだけが人の住める場所となった

かつてほどではないものの、限られた居住圏で人々は作物を育て、商いをし、命をつないだ

あなたも好きかも:パチンコ サンパレス
 だが文明が崩壊しようとも、人間は寛容にはならなかった

それどころか以前よりも一層狭量で排他的になり、公然と差別を行うようになった

 都市の指導者たちは、一部の人間を不要と切り捨て、暗闇の中へと追放した

 城門が開かれる

あなたも好きかも:ネット カジノ 危ない
わずかな荷物とともに、背中を丸めた人々が光り輝く都から押し出される

少女はその後姿を見送った

 また、視界が切り替わる

少女の想像力は暗い森を通り抜け、冷たい山脈を乗り越え、砂漠の丘を駆け抜けた

あなたも好きかも:パチンコ まるみつ 稲佐
 遠く、遠く、ここではないどこか

きっとあるはずの楽園《エデン》を求めて……

◇◇◇ 目が覚める

長椅子の上に横たわっていた少女は身を起こし、毛布を払い落した

 苦しくなるような夢だった

人間の歴史を学べば学ぶほど、その不毛さに虚しさを覚えてしまう