ブラックジャック えろ

ブラックジャック えろ

否定はしない

……光神様、この炎の力は本当に素晴らしいんだ

領主でありながら、集団の力を頼らなくてすむ

これで、もう私は誰も信じなくてよくなった

あなたも好きかも:デッドオアアライブ カジノ
誰に頼らずとも、一人で全て解決できる

私だけなら、二度と失敗はしない――」 ロミスは余裕を持って、師匠の言い分を全て受け入れた

あなたも好きかも:バイオハザード スロット 演出
 その態度を前に、師匠は怒りに震えて、駆け出す

そして、立ち塞がる兵士たちを前にして、全力の『呪術』を練っていく

「いますぐっ、彼女に全てを返せ! 『熾れ断炎』!! ――呪術《フレイム》!!」 ロミスと同じく、師匠は炎を全身から生み出し、それを目前の兵士たちに襲わせた

 その蛇のような動きで這い寄ってくる炎を、兵士たちは避け切れない

しかし、師匠の生み出した《フレイム》が、敵を焼き殺すことはなかった

あなたも好きかも:結城友奈は勇者である スロット キャラソン
 《フレイム》が標的としていたのは、人の肉ではなくロミスの炎だった

 炎が炎に絡みつき、干渉し合い、食らい尽くそうとしていく

 ――その果て、炎と炎は相殺し合って消えた

 強化と炎の加護を剥がされた兵士たちに、師匠は肉薄して接近戦を挑む

 その光景を見た私は驚きつつも、師匠に遅れるわけにはいかないと戦術を切り替えていく

 確か、『呪術』の炎は、記憶を『代償』にしていたはずだ

このままだと、師匠は際限なく自分の記憶を捨てていく

それだけは許すまいと、私も消耗を許容していく