ダブル・ボーナス・ポーカー 1ハンド

ダブル・ボーナス・ポーカー 1ハンド

「ぎゃああああああああああああっ!?」 易々と彼の肩を貫いた弾丸は後方にあったコンソールや機器を貫通し、ちょっとした電流を生じさせる

 少女はそのまま右肩から先を失った車長の顔面を蹴り飛ばして気絶させ、狭い車内へと入り込むと、運転席で装甲車を走らせる操縦士と、大きな砲塔の中で慌てふためいていた砲手の2人に、ナイフを思わせる銃剣が取り付けられたCz75SP-01の銃口を向けていた

「動くな」「お、女の子……………?」「ただちに装甲車を停止させて投降しなさい」「な、何だと…………!?」 自分たちよりも年下の少女にそう言われたことに腹が立ったのか、砲手が懐からハンドガンを引き抜こうとする

しかしラウラは彼が反撃しようとしたことに素早く反応すると、懐へと伸ばした砲手の手の甲へと、ハンドガンの銃剣を突き立てていた

あなたも好きかも:人気のスロット
「う、うわ…………ああああああああああああああああああッ!? て、手がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」「私ね、友達のおかげでお料理が得意になったの」「な、なに……………?」 砲手の手の甲から銃剣を引き抜き、冷たい目つきのまま微笑むラウラ

 クソ野郎を殺すのが、テンプル騎士団の理念

あの時はそれに背いてしまったからこそ、彼女は罰を受けることになった

あなたも好きかも:東京 パチスロ 優良 店
 それゆえに今度は、殺す相手は間違えない

ただ、まだ殺さない

何とかして生け捕りにして情報を聞き出さなければならない

 だから彼女は、冷たい声で言った

生け捕りで済ませるという希望を全く与えず、本当に彼らを殺しかねないという可能性を孕むほど冷たい声で、逃走した男たちに告げる

あなたも好きかも:パチンコ やめた
「――――――――前からハンバーグを作ってみたいと思ってたんだけど、もしよかったら協力してくれないかな?」 もしこのまま彼女のいう事に背けば、本当に殺されるかもしれない

あの銃剣で身体中の肉をズタズタにされ、ハンバーグにされる前の挽肉の塊と見分けがつかないほど無残に殺されてしまうかもしれない