スロット 聖闘士星矢 やめどき

スロット 聖闘士星矢 やめどき

今まで魔物と見ればずんばらりんと殺してきた彼女にとってはそもそも本能、宿命、己の根幹に根差したそうするべき、そうすることが当たり前の……己の行動原理に等しいそれに対抗すること自体が初めてだ

彼女は人に対して好ましく思っているから魔物を殺しているわけではなく、魔物を殺すべきだと己の心に刻まれているから殺しているという話なのである

とはいえ、公也の話を聞かず剣を振るわない辺り……理性は一応働いているようだ

ただ、この後どう動くかまではわからないあたり怖いところであるが

「……本当は魔物を殺してから話をしたいところですけど

あなたも好きかも:死に神の化身 ブラックジャック
しかたありません

あなたも好きかも:スロット 雨の日 設定
剣を収めて話し合いをしましょうか」「受け入れてくれたようで助かる」「話し方が変わったのです

どういう心変わりなのです?」「殺す相手と対等に話す必要はないですし? 魔物相手に丁寧に話す必要はないでしょ」「むう……確かに話し合いするつもりがないならそうなるですかね」 公也に対して女性は大分丁寧……というと少し違うかもしれないが、気軽に話しかけてくるような話し方ではなくなった感じである

これに関しては魔物を相手にするとき彼女は別に相手に対して敬意を見せるつもりがないというか、ぶっ殺して殲滅する相手とまともに話すつもりがない、話す理由がないから、だろう

あなたも好きかも:Sweet Win
そう意味では丁寧な話し方になった彼女は本当に対等に話し合いをするつもりがあるということだ

特に彼女の魔物を殺したいという本能的な要求を抑えての行動である

「とりあえず……まず何から話し合おう」「ひとまず相手の正体の確認からなのです」「確かに気になる

あなたは人ではない

魔物」「そうですね

確かに私は魔物に分類されると思いますけど」「魔物なのに魔物を殺そうとする?」「おかしな話ではないですよ? 人間同士で殺し合いをすることもあります