ラブ嬢 スロット 天井

ラブ嬢 スロット 天井

「それでは父上、お達者で」「なにッ!?」 アヤメがマヤを連れて逃げる

 置き去りにされたタガネが瞠目した

 マヤは放心状態で拐われていく

「さて、どう料理しようかしら」「レインとも、あそぶ」「……………………やはり無償の施しほど恐ろしい物は無えな」「覚悟しなさい」 タガネが諦めてその場に膝を突く

 その後

 悲鳴と怒声が響く夜空の下を、マヤは放心状態ながらもすっきりとした心持ちで屋敷へと帰ったのだった

衝動書き2です

二本の巨大剣が斜めに交差し、ミリュウの肉体を四つに断ち切る

 その痛みが想像を絶するものだったのは、まず間違いなく、莫大な神威が込められた斬撃だったからだ

あなたも好きかも:メタルギア スロット フリーズ
しかし、神威による肉体の侵蝕はなく、白化し、変容するようなことはなかった

魔王の祝福とやらのおかげなのか、どうか

 ともかくも、意識が消し飛ぶような痛みの中で、それでも、ミリュウは笑っていた

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 強敵
 肉体を四つに割かれた直後だ

 巨大剣の刀身が突如として爆ぜた

ナルノイアには、なにが起こったのか瞬時には理解できなかっただろう

それはあまりにも唐突だった

 つぎに、間髪を容れず起こったのは、爆砕の連鎖だ

爆砕に次ぐ爆砕が、四つの肉塊と化したミリュウ、その全周囲で発生すると、終わることを知らないかのように連鎖し続けた