バカラ キャディックス アッシュトレイ

バカラ キャディックス アッシュトレイ

 最終戦争によってエトセアが滅びた以上、その王たる父が死なないわけがなかった

 いや、そもそもだ

仮にどうにか生き延びていたとして、その声が、いま、隔絶された空間にいるエリルアルムに届くはずもない

あなたも好きかも:スロット 準備中
『エリルアルムよ

あなたも好きかも:富山 スロット 優良 店
我が娘よ

聞こえているだろうか』 まるで、遙か彼方にいる相手に呼びかけるような、そんな言い方だった

『そなたがなぜそのようなものと戦っているのか、その理由は知らぬ

そなたの敵がなにもので、そなたがなにを目的に戦っているのかも、な

しかし、だからといって、そなたを応援しないわけではないぞ

そなたは、わたしの愛しい娘なのだから』(父上……) エリルアルムは、幻聴であるはずのその声が、いまこの瞬間に紡がれているような錯覚を抱いて、胸中、頭を振った

あなたも好きかも:東京都競馬 カジノ
そんなことがあるわけがない

 しかし

『そうだぞ

おまえは、俺の自慢の妹なのだ

たとえ相手がだれであれ、俺はおまえを応援する

全力でな』(兄上……?) つぎに聞こえた兄の声の幻聴もまた、いままさに発せられているような熱量があった