テーブルゲーム パラノイア

テーブルゲーム パラノイア

戦いになどならぬだろうと考えた

「いや、私たちは敵ではないよ

あなたも好きかも:東金 よく 出る パチンコ 屋
竜帝ガイエルはもう倒されたんだよ

あなたも好きかも:咲 スロット 押し順
ツヴァーラは勝ったんだよ」 風音は両手を広げ、敵意はないことを態度で示し、そして慈愛に満ちた目で、目の前のスケルトンに目で訴える

少し目がキラキラしている

亡者たちを言葉だけで説得してる私すげーって感じに風音はなっていた

『ツヴァーラが勝った? それは真か?』 その言葉に骸骨たちが動揺する

怨敵の気配を感じ、死の淵より蘇った彼らは、すでに戦争は終結し、600年経ったことを知らないのだ

「そうだよ

えーと、タツヨシ王の元で、ツヴァーラは勝利を収めたんだよ

あなたも好きかも:神田駅 パチンコ屋
大勝利だったんだよ」 その風音の言葉にスケルトンたちがピタリと固まった

「うん?」 首を傾げる風音に、スケルトンの大将が、顎をカタカタさせながら尋ねる

『……タツヨシ王?』 なぜだか怒りがわき上がっているのが分かる

しかし、その意味は風音には分からない

達良はツヴァーラの王様のはずである