パチスロ 有利区間とは

パチスロ 有利区間とは

「おまえはホントに人の話を聞かずにマイペースで」《興味ないから》「……

ああ、そうそう

大島と一緒にトイレ入ったって聞いただろ」《……

不愉快なんだけど?》「オレも女子を連れてトイレに入るなんて初めてだったよ

いやぁ、いい経験した」 愉快げに報告する伏見に、優樹は顔を赤くして睨み上げる

あなたも好きかも:ガルパンg やめどき
反町も不愉快さを露わに声を低くした

《よくそんなことがオレに言えるな?》「ああっ、悪い悪いっ

まだ大島って付き合ってたんだっけ? 噂じゃあおまえが振ったって聞いたんだけどなぁ」《キミがそういう噂をバラ蒔いてンじゃないの?》「人のせいにするなよ」《それはこっちのセリフ

オレになんの恨みがあるか知らないけど、もう二度と優樹に近付かないでくれる? 迷惑なんだけど?》「こっちだって迷惑なんだよ、おまえのせいで狙われて」《なんでオレのせいでキミが狙われるわけ? それって、言ってることすごくおかしくない?》「おまえに関わったせいだ」《キミが勝手に突っ掛かってきてるんだけど?》「おまえが原因だ!」《オレがキミに何をした? ぜんっぜん身に覚えがない》「……一年の時、おまえはオレを散々バカにした

……みんなの前でっ!」 会話の内容はわからないが、優樹はキョトンとした顔で怒る伏見を見上げた

《そうだったっけ?》「クラス委員長の選抜の時、……おまえが選ばれたっけな?」《ああ、そうだったね

あなたも好きかも:スロット ペナルティ 内容
けど辞退しただろ》「その時に言った言葉を覚えてるか?」《いや、全然》「……委員長なんて、仕事は副委員長に任せて太々しく身構えてクラスの顔だって態度で威張ってればいいし、あとは会議に出て居眠りしてりゃいいんだからバカでも幼稚園生でも出来る」《ああ、そんなことも言ったっけ》「そのあとでおまえがオレを指名したんだぞ!!」 話を聞いて、優樹は「うわ、ひ、ひどい」と眉間にしわを寄せた

あなたも好きかも:グレンラガン スロット 朝一
《だって、ピッタリだと思ったんだ》「……みんなからどれだけ笑われたか……」《けどキミはちゃんとこなしてただろ

偉かったね》「……そうやってバカにすンなってんだ!」《してないしてない

キミはよく頑張ったよ、ホント