赤羽 スロット

赤羽 スロット

 ルカのあの性格が、ちょっとやそっとのことで変わるとは思えないが、それでも親としては心配なところはある

あなたも好きかも:シュタゲ スロット 打ち方
 これは、子供たちがいくつになっても変わらない親としての心境だろう

 考助としても、まさか自分がこんなことを考えるようになるとは、少しも思っていなかったが

 子供ができるというのはこういうことなんだなあ、としみじみと思う考助であった

 そんなルカのことはともかくとして、考助は改めて手元にある通信端末を見た

 実際に使って確認しているわけではないので、実用に耐えられるかどうかはわからないが、少なくとも魔法陣には不具合はないように見える

 ダレスがこうして考助のところに持ってくるということは、しっかりとテストをした上でのことだとはわかっているが、一応確認することにした

「きちんとテストは行ったのですよね?」「はい

勿論です」 考助の問いかけに、ダレスは自信満々に頷いた

あなたも好きかも:カジノ 熱海
 もともと魔道具の開発において、テストをするという概念はあったのだが、考助のように細かいところまで調べるといったことは行われていなかった

 そもそも魔道具は限られた者が使う道具だったので、不具合が出たところでこういうものなのだという認識で使われていた

あなたも好きかも:vプリカ ネットバンキング
 もっといえば、そういった不具合が出ないような魔道具は、基本的に特注の製品となり個々で対応するのが当たり前だったのである

 だが、これから売り出そうとしている通信端末は、そういった限定的な販売にするつもりはない

 そのため、多数の人間が一度に使うことを加味して考えなければならない

 となるとどうしても前もって多くのテストを行い、不具合が出ないかを確認しなければならない、ということになる

 いわなくてもわかることだが、不具合が多い製品を多数の人間が買おうなんてことは、まずありえないのだ

 勿論、不具合と使い勝手は別問題である

 あるユーザーが「こういう風にしてほしい」と要望したところで、他の多数のユーザーがそれとは逆の方針だった場合は、前者のユーザーの要望はかなえることができない

 そんなことをすれば、多くの利用者に販売するという目的とは相反することになるからだ