プレイアロング

プレイアロング

だが、達良の片思いの相手は、鬼の形相で先ほどまで達良がいた場所に立っていた

「いや、その

ゆ、弓花ちゃん

あなたも好きかも:Lucky 6
お久し……」「あんたねえ

あなたも好きかも:mm オンラインゲーム
よくもまあ、私の前に顔見せられたわね」 ドスンドスンと弓花が進んでいく

その一歩で公園の木々から鳥たちが飛び立ち、続く一歩で付近の家々から犬の遠吠えが聞こえ、達良の前に辿り着いたときには周囲から音が消えていた

それから見下ろす弓花に達良が恐る恐る口を開く

「顔を見せたって……その、どうしてここに?」「風音からアンタが来てるってメールがあったのよ

で、急いできたらアンタが黄昏れてた」「ああ、その……怒ってるの? 弓花ちゃん?」 達良の問いに弓花が「当然でしょ」と吠えた

 そう、弓花は怒っていたのだ

目の前の、三年前に突然どこかに姿を消していた人物に対して

「私、言ったわよね

あなたも好きかも:涼宮ハルヒの憂鬱 スロット
仕事が欲しいならお父さんのところを紹介してあげるけど、勝手に辞めたりはしないでって」「いや、それは……色々あって」 その言葉で、達良の頭から色々なことがすっ飛んだ

 風音と違って、弓花は達良の境遇やここまでの事情など知らない

風音は弓花に真実を話していないし、当然夢のことも説明していない

だから弓花にとって今の達良は、自分が父親に仕事を紹介したにも関わらず逃げ出した小太りニートであった