スーパードラゴン 有利区間ランプ

スーパードラゴン 有利区間ランプ

反町は少し苦笑して背中を撫でた

「迷ったけど……、やっぱり、洋一たちがいてくれてる間に行って来る

あなたも好きかも:スロット エンジェルビーツ 設置店
……じゃないと、別の時に行って優樹を一人にするのはもっと心配だから」「……っ、その時はがんばるからっ……

たくさんがんばるからっ……」「……その時どうなるかわからないよ? ……もしかしたら一年じゃ済まなくなるかも知れないし……

そうなったら、もっと辛くなる……」「その時は流君についていくっ……」 意地でも頭を縦に振らない

以前と違って、すっかり“行かせない体制”の優樹に、反町は少し肩の力を抜いた

「……ちょっと安心した

……引き留めてくれて……」「行かないでっ……

行ったらっ……、……浮気するっ!」「それはダメっ」 胸に埋める頭を睨み下ろすと、優樹は「うぅー……」と拗ねた声を上げた

「じゃあ行かないでーっ……」 一度何かが吹っ切れるとそこからはもう止まらない

あなたも好きかも:海物語 スロット そに子
反町はしっかりとしがみつく優樹の頭に頬を寄せた

「……絶対に、距離を感じさせないようにするから

あなたも好きかも:バットマン スロット フリーズ
……長期の休みの時はすぐに帰って来るし」「行かせないっ……

閉じ込めとくっ……」「……優樹

……好きだよ」「行ったら嫌いになるっ!」「だめっ」「じゃあ行かないでー……」「……