ザ・レジェンド・オブ・シャオリン

ザ・レジェンド・オブ・シャオリン

それだけで良いんだ」 別館まで戻ってこれた

 だけどこの話を、中ですることもできない

 だから、中に入る前にと、足を止めてそう伝える

 するとサヤは、俯いていた顔を、こちらに向けた

「ふ、普通は、告白したら、恋人とか、そういうことになるんやないの? この世界では、そうやあらへんの?」 唖然とする俺を見上げ、玄関扉の隙間から漏れる薄明かりの中、頬を紅潮させたサヤが、騎士のような顔でそう言う

 こっ恋人⁉︎ いやちょっと、サヤさん大丈夫ですか⁉︎「だ、だから! 俺が勝手に……」「私の、勘違いやあらへんのやろ? レイは、私をきちんと、好きやって、そう言うてくらはったんやろ? あの誓いって、そういうことやろ? 違う?」 …………違いません……

 せっかくおさまりかけていた顔の熱が、再発熱した

 明らかに顔面が熱い

あなたも好きかも:カプコン スロット 規制
サヤを見れない

今度は俺が俯く番だった

 けれど、身長差の関係上、どうしても顔は、見られてしまっているわけで……

「せやったら、練習しよ

あなたも好きかも:スロット 実機
 レイが、幸せになる練習

 私がここにいる間は……レイを、見とる」 視界の端で、サヤの唇が、そんな途方もない言葉を紡ぐ

 信じられないその言葉が、頭の中でガンガンと鳴り響いた

理解できない

だけどなんだこれ、なんでこんな、混乱してるんだ俺……⁉︎「私も、練習や