カジノ 隠れリリーパ

カジノ 隠れリリーパ

時折どこからともなく切れ切れに聞こえる詠唱の声が完全に途切れると、りぃんと耳の奥が鳴るような不思議な静けさに包まれる

けれども、その静けさの向こう側に、奇妙に賑やかな気配を感じるという不思議な恐ろしさを覚えて、ネアはユリウスに連れて行かれた妖精の国の最初の土地を思った

(これが妖精の気配だというのなら、人外者にも、それぞれの気配に特徴があるのかもしれない)そんなことを考えて、掴めそうで掴めない裏側の気配を探っていると、するりとディノに指の背で頬を撫でられる

「ディノ?」見上げれば、こちらを見下ろす静かな水紺色の魔物の瞳があった

このような場所だから警戒しているのか、その瞳はどこか酷薄で鋭い

あなたも好きかも:うる星やつら パチンコ
高い位置にある天窓の一つから差し込む陽光の筋に、逆光になった瞳は暗く鮮やかだ

「妖精に限っては、あまり気配を追わない方がいい

知ろうとすることで道が繋がりやすくなるんだ

あなたも好きかも:魔法少女まどか☆マギカ スロット 穢れ
興味を示すということが道を繋げ、知られるということで完全に結んでしまう

妖精はね、困った生き物なんだよ」「むむ

あなたも好きかも:ラスベガス 攻略
そう言えば、以前のお仕事の時にも妖精さんの注意事項を聞いていましたね

あまり気にしないようにします」例えば、小さな子供が寝台の下に不穏な気配を感じたとする

その場合、妖精が置いてゆくのは魔術の扉だ

子供が興味を示して寝台の下を覗けば扉が開いてしまうが、気にしなければやがて消えてしまう

魔物の場合は、既に当人が潜んでいるか、避けようのない罠がしかけられていることが多く、精霊の場合は、個人的な空間で気配を感じたらもう当分はつけ回されると思った方がいい

竜の場合は、こつこつと窓を叩いてお行儀よく訪れるか、ばりんと屋根を壊してやってくるかの二択しかなく、この前提では仲間外れになってしまう