手塚治虫 ブラックジャック アニメ

手塚治虫 ブラックジャック アニメ

 思い出すだけで心の底から震えが来るような表情、言動

 だれもがセツナの裏切りを嘆き、哀しみ、絶望したような、そんな姿

「あれの力によって、な」「……ミエンディアは、なにをしたんだ?」 セツナは、マユラ神に問うた

あなたも好きかも:スロット 開店 台選び
 ミエンディアがなにかをしたことは疑いようがないし、マユラ神の発言によって裏付けされもした

「アズマリアがおまえにしたことを利用したのだ、あれは」「アズマリアが俺にしたこと……」 なるほど、と、セツナは得心した

あなたも好きかも:ペルソナ スロット アプリ
 アズマリアは、ゲートオブヴァーミリオンの力を最大限に発揮することで、世界中にネア・ガンディアとの最終決戦を中継して見せた

人間、皇魔、竜、神といったこの世界に生きるものたちにイルス・ヴァレの命運を懸けた戦いを見せつけることで、様々な感情を呼び起こした

 それは恐怖であったり、戦慄であったり、絶望であったりしたが、連合軍と突入組の戦いぶりを見守る内に変化していったのだ

 ひとびとは、救いを求めた

 だれもがイルス・ヴァレの未来を望み、求め、願い、祈った

 その祈りが救世神ミヴューラに集まり、ミヴューラ神に集まった力がセツナたちを祝福し、加護した

 ミヴューラ神が消失してからは、そういった祈りの声はセツナたちの力となったのだが、ある瞬間からセツナだけに集中するようになった

 おそらく、アズマリアがそう仕向けたのだろう

 セツナに祈りの力を集めることで、獅子神皇を打倒し、さらにミエンディアを討ち滅ぼそうとしたのだ