ドラクエv カジノ 攻略

ドラクエv カジノ 攻略

これは、復讐だった筈なのだ

「…………食べられているみたいだね」「首がないのに、林檎食べられるみたいですね」首がなくて食べられないであろう林檎で攻撃するという、史上稀にみる陰湿な攻撃だったのだが、周囲にはしゃくしゃくという林檎を食む幸せそうな音が響いている

「………食べ終わったみたいだよ」「おのれ、完食しましたね」大好物の林檎を食べて大興奮の馬がこちらに向き直る

あいつが林檎を持っているらしいぞとネアを特定し、物凄い勢いで駆け寄ってきた

明らかに、もう一個頂戴という勢いではなく、踏み潰して略奪するという勢いだ

あなたも好きかも:カジノ アメックス
しかし、身の危険を感じたネアがさっと魔物の影に隠れた瞬間、首無し馬は、ぽひゅんという音と共に淡く光って消えてなくなった

あなたも好きかも:ファイヤー フェニックス
「………ディノ?」「浄化されてしまったみたいだね」「ディノが消したわけではなく、自発的に消えてしまったんですか?」「林檎を食べれて、幸せになったんじゃないかな」その言葉を聞いて、ネアは膝から崩れ落ちそうになった

あなたも好きかも:ポケスペ ムーン
ここで、昇天出来て良かったねと思える程、ネアの心は広くない

これでは、酷い目に遭わされた上に、林檎を奉納しただけの被害者の構図ではないか

「………………ご主人様?」怒りに震えるご主人様に、魔物が少しだけ慄いた様子を見せる

「勝ち逃げされました

これ以上の敗北があるでしょうか……

とても心が荒んでいるので、リノアールに新しい入浴剤を衝動買いしにゆきます!」「好きなだけ買ってあげるから、元気を出して」その夜、魔物は傷心のご主人様を巣に入れようとしたが、平面で寝たいネアは断固拒否した

落ち込んだディノを寝台に上げた結果、その後、魔物の巣への誘いが頻発したのは言うまでもない

バベルクレアのその日、僕は初めてグラストの屋敷にお客として招待されていた

本当は、グラストが躓いて壁紙を破ったのはどこかも、どこに何をしまってあるかも知っているけれど、初めて来たふりをする

僕が、この屋敷に何度も来ていたのは内緒だ